決 済 は、多 様 化 の 時 代 へ。御 社 に ふ さ わ し い 導 入 手 段 を ト ー タ ル サ ポ ー ト

 

インバウンド決済手段のニーズ対応で、ショッピングをスムーズに。

1 自国通貨での決済を実現( 外貨引受けサービス )
1 自国通貨での決済を実現( 外貨引受けサービス )

訪日観光客の方は日本円以外に自国の通貨でもお買い物をしていただくことが可能となります。
決済手段が多種多様になる中で、利用者の利便性の向上 ( 外貨両替不要 ) に繋がります。
外貨を受け取りお釣りがある場合は日本円でお渡しいただくサービスです。

2 各種クレジットカードの取扱い拡充
2 サービス取扱い店舗の業務負荷軽減

国籍を問わず主要なクレジットカードを保有しているすべてのユーザがお客様となりえます。現金購入では恩恵を受けられないポイントやマイルをためる目的でカードを利用する人が増えており、店舗側でも高額商品をおすすめしやすくなり、購買意欲のあるお客様を取り込めるため販売機会を逃す心配がありません。 売上集計等の手間も省け ( 日次集計/月次集計 ) 、且つ一定の入金サイクルであるため経営の計画性・安定性を確立可能となります。

3 マルチカレンシープリペイドカードを発行
3 マルチカレンシープリペイドカードを発行

クレジットカード会社を経由したプリペイドカードを発行し、複数通貨でのショッピング、海外での現地ATM からの引き出しを実現しています ( マネパカード ) 。利用者は事前の両替も不要となり、スマートな出張、旅行などをお楽しみいただけます。現在、暗号資産および地域通貨などと相互交換の実現を目指した検討を進めており、さまざまな決済ニーズに答えるトータル決済基盤を提供していきます。