決 済 は、多 様 化 の 時 代 へ。御 社 に ふ さ わ し い 導 入 手 段 を ト ー タ ル サ ポ ー ト

 

生体情報 × 決済情報 = IoT マーケティングの向上

1 指紋決済によるキャッシュレス社会を実現
1 指紋決済によるキャッシュレス社会を実現

指紋情報と現金( チャージ ) ・ クレジットカードなどの決済情報を紐付ることで、各店舗では指紋リーダーで認証することで商品を購入することが出来ます。
スマートフォンもいらない次世代のキャッシュレス社会を実現します。

2 安心・安全なセキュリティー
2 安心・安全なセキュリティー

個人個人の指紋にある特徴点同士を結んだ三角形 < triplet > や四角形 < Quadruplet > に情報( 角度長さ・面積等 )を与えることにより、各特徴量のインデックス化を実現しており、認証スピードの大幅な時間短縮を実現し、また指紋画像で生体情報を管理理しない為、生体情報流出リスクも低減できます。

3 その他利用シーンへの活用
3 その他利用シーンへの活用

指紋認証を活用したキーレスによるドアの開閉や( 入退出管理)、ホテルでのチェックイン/ アウトにも指紋認証が利活用されており、利用客および運営側の手続きの簡素化に繋がっています。
またATM 利用の際に指紋認証を利用した銀行取引の実証も行われており、指紋を登録すればキャッシュカードや暗証番号、印鑑などは一切不要となり、ATM に設置された専用端末で手ぶらでの銀行取引が可能となります。
利便性の向上や業務コストの削減を目指した利活用の可能性は大きく広がりを見せています。